良い整骨院にするためには、慎重なマッサージベッド選びを

admin Last updated on: May 10, 2023

5月 | 2014 | 良い整骨院にするためには、慎重なマッサージベッド選びを

Related posts

Mỗi cầu thủ chạy bao nhiêu km trong 1 trận đấu bóng đá?

Mỗi cầu thủ chạy bao nhiêu km trong 1 trận đấu bóng đá?

Đã bao giờ bạn thắc mắc, mỗi cầu thủ chạy bao nhiêu km trong 1 trận đấu? Khi nhìn...

Điểm danh những cầu thủ vô địch World Cup nhiều nhất

Điểm danh những cầu thủ vô địch World Cup nhiều nhất

World Cup là một giải bóng đá vô cùng nổi tiếng mà bất đội bóng nào cũng đều muốn...

良い整骨院にするためには、慎重なマッサージベッド選びを

良い整骨院にするためには、慎重なマッサージベッド選びを

マッサージベッドを選択する際には、いくつかポイントを絞って選択することが重要です。そのポイントとは「高さ」「サイズ」「脚部」「天板」「有効加工」「オプション・色」となっています。それぞれについて少し説明していきます。・高さ施術を行う際に位置が合っていないと腰などに負担がかかってしまうため、自分の身長などを考慮した上で選択することが重要となります。自分の身体に負担がかからない態勢で施術ができるように位置を確認する必要がありますが、その際にお客さんの身体の厚みの分についても考えておくように気をつけましょう。もしも高さがよく分からないというのであれば、少し低めのものを選択すると良いです。何故なら、後から高さを調節することができる商品を脚に取り付けることもできるため、低すぎて合わないという問題には対応することが可能なのです。・サイズ施術内容によって推奨されているサイズには違いがありますが、マッサージ用であれば60cm前後の幅がオススメだとされています。整体などでは、50cm前後の幅が良いと言われています。・脚部脚部が取り付けられている位置などについても意識して選択しましょう。施術の際に椅子などに使用する場合には、天板の下に足を入れるためのスペースが必要となります。そのため、ベッドの脚部が当たらない位置にあるベッドが適しているということが言えます。また、ベッドに体重をかけたりする施術であれば、ベッドが揺れないように脚部がH型になったタイプなどを選択すると良いです。・天板天板はお客さんに触れる部分であるため非常に重要です。ここが硬すぎるとお客さんが身体を痛めてしまうといったことも考えられますが、あまりにふかふかだと施術の効果に影響してしまいます。こだわりがあるというのであれば、「硬反発ウレタン」「低反発ウレタン」などの素材を使用すると良いです。・有効加工この有効加工があるかないかとは非常に重要なポイントで、これがないとお客さんがベッドにうつ伏せになった時に息苦しさを感じてしまいます。施術でうつ伏せになる必要がない場合などには問題ありませんが、もしも施術内容に取り込まれているのであればこれがあるマッサージベッドを購入したほうが良いです。・オプション・色オプションとしては下の部分に物を置いたりできる棚がついていたりガード付きのものなどがあり、施術で物を使うなどという場合には便利です。また、コンセントなどがついているタイプというものも存在しています。そして色は雰囲気を作る要素として大切なものとなるため、清潔感を意識したいというのであれば白や薄いピンクなどを選択するなど工夫が必要となります。雰囲気が悪いと、どんなに施術が良くてもその良さが生かされません。しかし、上からカバーなどをかけるのであれば色は考慮する必要はありません。 整骨院とは骨に対しての施術を行う場所であるため、通常のマッサージとは違う特殊な技法が使用されることも多いです。そこでベッドが合っていなければせっかくの技術が無駄になってしまうため、マッサージの方法などに適したタイプのマッサージベッドを選択しましょう。

Cầu thủ nào lương cao nhất thế giới hiện nay?

Cầu thủ nào lương cao nhất thế giới hiện nay?

Ai cũng biết cầu thủ bóng đá là một nghề nghiệp đem lại mức lương trong mơ, nhất là...